Restaurant LABYRINTHE

四万十の川蟹のビスク

国産の素材を活用したいと思いはじめたのがきっかけで、いまや当店の定番です。殻ごと気長に潰しながら漉していき、自然のめぐみ、全ての旨味をいただきます。

丹波の栗が届きました

なかでも利平という品種はスープに最適です。
和栗のほのかな甘みは昨今忘れていた味の一つです。

アボカドの冷製スープ

塩味を効かせたアボカドの冷製スープです。食欲が落ちてしまいがちな暑い夏にぴったり。是非お試しください。

地魚のうらごしスープ

その時々の魚をうらごしして作るスープです。写真はカサゴ、アジ、タイなどを使った濃厚な味わい。真ん中に落としているのはジャガイモのピュレ。少しだけお腹を満たしたい様な時に、フランスではよくスープに足したりします。

丹波栗のスープ

すっかり秋らしくなってきましたね。今の季節にオススメの栗のスープです。丹波産の栗を使った冷製スープに、コンソメのジュレをのせて、秋の味覚をお楽しみください。
※こちらの丹波栗は、古屋後農場より取り寄せています。

釣ってきた魚で

近海物の釣りが、ラビラントでちょっと流行ってます。やっぱり味が違います。
写真は伊勢町、馬掘海岸の黒鯛の頭。まかない用ですが、よい出汁がでます!

ツガニのビスク

定番メニューのツガニのビスク。ビスク(Bisque)は、エビやカニなどの甲殻類をすりつぶしてつくる、濃厚なスープです。写真は、すりこぎのように、ツガニをすりつぶすのに使う道具。かなり年期が入ってます。
今年もあと数日。来年も良い年になりますように。

菊芋のクリームスープ

菊芋は、味がラディッシュとアーティチョークの中間のような味わいため、別名「エルサレムアーティチョーク」とも呼ばれるそうです。見た目は生姜と似てますが、血糖値を下げる性質やダイエットなど、健康食材として知られていますね。
芋と言ってもデンプンは含まれないのですが、クリーム仕立てのスープにしてみるととても美味しく仕上がりました。是非お試しくださいね。

今日届いた秋野菜の煮込み

ツルムラサキ、さつまいも、蕪など、季節の秋野菜をたっぷり使ったスープ仕立ての煮込みです。バターの香りと野菜の旨味が良く合う、秋の定番料理。青トマトの酸味がアクセントになっていてとても美味しいですよ。
今年は猛暑の影響で根菜の到着が遅れていますが、その日届いた季節の野菜をたっぷり召し上がって頂けます。

狼桃のトマトと季節野菜のガスパッチョ

蕪や菜花、ほうれん草、ビーツなど、季節の野菜で作った冷製スープです。レモンの香り油を添えて、塩味の効いたひんやりしたスープは、とても食欲をそそります。狼桃のトマトは本当に甘くて、フルーツの様な赤トマトと爽やかな酸味の青トマト、それぞれの美味しさを堪能してくださいね。

© LABYRINTHE 2016-