Restaurant LABYRINTHE

四万十の川蟹のビスク

国産の素材を活用したいと思いはじめたのがきっかけで、いまや当店の定番です。殻ごと気長に潰しながら漉していき、自然のめぐみ、全ての旨味をいただきます。

サクラマス

青森産です。塩づけしたものを、オリーブオイルと香草につけました。月並みですが キャビアを添えました。

春を感じるこのごろに、おすすめのワイン

クラシカルな白はいかがでしょうか。
野菜が春めいてきましたので。

閑話

走水の海も春めいてきました

今年の桜、開花宣言は早かったのですが、、、店内で咲いていると、とくに夜は、なんとなく良いです。

桜とロゼシャンパン

街中に梅や桃の花がちらほら咲き始め、早咲きの桜が見られるようになりました。四の橋店でも早めの桜を一杯飾って、春がやって来たなあと感じる今日この頃です。
お祝い事の多い季節に人気なのが、ほんのりピンク色のロゼシャンパン。なんとなく華やかな気持ちが盛り上がる食前酒です。写真はジョゼ・ミシェルのロゼ。華やかな香りとほんのりピンク色の泡は、楽しい気分を盛り上げてくれます。ロゼは、ドン・ペリニヨンのように伝統的なしっかりした味のものが美味しいですが、こちらもとてもお勧めですよ。春らしいお祝いの席に是非どうぞ。

楽しい皿

イシモチの皮をバーナーで焼き、薄くなく厚くなく歯応えの好い所を召上って頂きました。香りがよくキャヴィアとの相性もいいです。

鱧の網焼き

何とも言えず惹かれてしまいます。慣れれば骨切りも楽しく、直火で少し焦がして、バターとの相性が抜群。フェンネルの爽やかさが気に入っています。

小ヤリイカのクロケット

出始めるとついつい欲しくなる素材ではないでしょうか。下足と野菜を詰め物にします。
ラタトゥィユを添えて

ロッシーニ

今回はシャトーブリアンを使いました。

© LABYRINTHE 2016-